概要と沿革

名  称一般社団法人 神戸市食品衛生協会
会長原田 富男
所在地〒651-0086
神戸市中央区磯上通8-1-8
アジアビルディング503
Tel: 078-862-6470
Fax: 078-862-6490
設  立令和2年7月1日
設立目的飲食に起因する中毒や感染症、その他の危害の発生を防止するためのさま ざまな事業を行うとともに、食品営業者への食品衛生管理の指導や、消費者への食品衛生知識の向上のための普及啓発を行い、公衆衛生の向上と市民の健康増進に寄与することを目的としています。
組  織(一社)神戸市食品衛生協会は、公益社団法人日本食品衛生協会の支部としての役割を担っています。また、市内には7つの支所があり、その事務局も担っています。
会  員法人の目的に賛同して入会した神戸市内の食品関係営業者の業種別団体並びに区を単位とした食品衛生協会からなっています。
沿  革当協会の前身である「神戸市食品衛生協会」は、飲食に起因する感染症、食中毒、その他の危害の発生を防止し、食品の品質その他食品衛生の向上をはかり、公衆衛生の向上に寄与することを目的に、昭和36年1月25日に設立されました。
神戸市では、それ以前から「食品環境衛生営業協議会」によって衛生水準向上への啓発が行われていました。しかし、昭和35年の兵庫県食品衛生協会の設立に伴い、神戸市の業界も食品衛生行政と歩調を合わせ、指定都市としての立場や他都市との関連を考慮し、神戸市独自で協会を創立し、自主的に業界の食品衛生思想を高めていくこととなりました。

その後、食品衛生を取り巻く状況が大きく変化するなか、食品衛生責任者の養成、食品衛生思想の普及、食品衛生の相談事業、食品衛生指導員活動を中心とした自主衛生管理の推進等について、神戸市保健所や、公益社団法人日本食品衛生協会の神戸支部として全国の食品衛生協会とも連携しながら実施してきました。

この間、飲食に起因する感染症や食中毒の危害要因が多様化し、平成30年6月には食品衛生法の改正により、営業許可制度の見直しや、すべての食品事業者へのHACCPに沿った衛生管理を行うことが義務付けられたことにより、個々の事業者に対して正確でわかりやすい情報を迅速に提供する必要があります。

これらの状況の変化に対応するためには、組織の運営基盤の強化と信頼性の向上が必要であることから、協会を法人化することになりました。令和2年7月1日 一般社団法人神戸市食品衛生協会設立、同10月1日には事務所を移転し、運営体制を整えました。