HACCPの導入支援

【HACCPの導入について】

食品衛生法の改正に基づき、令和3年6月1日から「HACCPに沿った衛生管理」が制度化され、原則すべての食品等事業者が取り組んでいただくことになりました。参照HP ・・神戸市:HACCPに沿った衛生管理の制度化について

HACCPに沿った衛生管理は、以下の二つに分類されます。

1 HACCPに基づく衛生管理

コーデックスのHACCP7原則に基づき、食品等事業者自らが、使用する原材料や製造方法等に応じ、計画書を作成し、管理を行います。

対象事業者としては、大規模事業者やと畜場・複合型そうざい製造業・複合型冷凍食品製造業などです。

 

2 HACCPの考え方を取り入れた衛生管理

各業界団体が作成する「手引書」に基づいて、簡略化されたアプローチにより衛生管理を行います。

「手引書」は厚生労働省のホームページに掲載されています。

 HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

 

〇対象事業者

・飲食店営業、喫茶店営業、調理機能を有する自動販売機により食品を調理し、調理された食品を販売する営業を行う者

・パン(概ね5日程度の消費期限のもの。)、そうざい製造業を行う者

・容器包装に入れられ、又は容器包装で包まれた食品のみを貯蔵し、運搬し、又は販売する営業者

・食品を分割し、容器包装に入れ、又は容器包装で包まれた食品のみを貯蔵し、運搬し、又は販売する営業者

・食品の取扱いに従事する者の数が50人未満である小規模事業者を有する営業者

など

【HACCP導入前や導入後に関する個別相談】

神戸市食品衛生協会では、「2.HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」の対象となる一般飲食店や小規模な製造・販売業者の皆様を対象として、HACCP導入のお手伝い及び導入後の相談をさせていただいております。
お電話や事務所に来ていただいてご相談ください。(事務所に来られる場合は事前に電話連絡をお願いします。078(862)6470

【食品衛生管理ノート】

当協会では、食品等事業者団体が作成した業種別手引書を元に、一般飲食店、小規模な製造業者、販売店を対象として、衛生管理計画の作成と、1年間の記録ができる「食品衛生管理ノート」を作成しました。

このノートを活用してHACCPの考え方を取り入れた衛生管理を導入する際は、必ず厚生労働省のホームページに掲載されている、該当する業態の「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」に従ってください。

なお、必要に応じて別途記録表や作業手順書が必要な場合があります。

また、当ノートを利用される場合は、関係者全員に周知を図ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【HACCP講習会】

「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」の対象となる一般飲食店や小規模な製造・販売事業者の皆様を対象として、HACCP導入のお手伝いを目的として、セミナーを開催しています。

令和3年度は、9/14東灘区文化センター、9/15神戸市勤労会館、9/30長田区文化センターにて、午前と午後に分け、飲食店向け及び製造・販売向けセミナーを開催しました。合計で85名の事業者の方が受講されました。内容としては、講義の他に実際に実習をしていただき、またご希望の方には、個別にHACCPに関する相談をお受けするなど好評のうちに終了しました。

令和4年度も同様の講習会の開催を予定しています。日程が決まりましたら、このHPでご案内いたします。

画像1

【こうべ食の安全メルマガ~シリーズ掲載「HACCPをはじめましょう!!!」】

「こうべ食の安全メルマガ」では、営業者のみなさまが「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」を導入しやすくするため、HACCPに関する情報や手法・事例などについてシリーズで発信しています。

★バックナンバーはこちらから

★「こうべ食の安全メルマガ」へのご登録はこちらから

お問合せは・・
(一社)神戸市食品衛生協会 TEL:078(862)6470
月~金:9時~12時 / 13時~17時